FC2ブログ

イタリア旅行準備

イタリア旅行一日目です。

今回は初めて一人で旅行をしてきました。そのため、楽しむといった旅行ではなく、一つずつミッションをクリアするような感じになるかなと思いましたがとても楽しめました。

まず、旅行の準備から。2017年の8月6日位にエクスペディアで航空券とホテルのセットで予約をしました。僕のとった予約、エクスペディアではキャンセルはできないためもう変更はききません。これから新幹線の予約、コロッセオの予約、バチカン美術館の予約をしていきます。
ピサの斜塔を見たかったので、フィレンツェまでの新幹線で行かなければいけません。新幹線は事前予約なら片道4000円で行けます。予約が遅くなると一等席の8000円になってしまいます。でも予約はこの時点では早すぎてできません。10月からの受付でした。12月後半、出発の10日前位に建物の中を観光するなら予約しないと行列になると知り慌てて予約。でもピサの斜塔は14日前までしか予約できないためピサの斜塔にのぼるのは断念しました。
予約したのは、ローマからフィレンツェへの新幹線。コロッセオの入場。バチカン美術館の入場です。しかし出発2日前に新幹線の予約のミスに気づきました。ローマの新幹線の駅は二つあったのです。ローマテルミニ駅(メインステーション)とローマTIBURTINA。チブリチナを予約してしまったようです。どこまで行かなきゃいけないのと焦りましたが、行ってみたら地下鉄で10分くらいでした。

このあと旅行にのぞみます。
スポンサーサイト



2017から2018年の年末年始の予定

12月31日(日)から1月7日(日)までお休みいたします。
よろしくお願いいたします。

産後の骨盤矯正について

当院では腰の周りに症状がある患者さん方にはほとんどの場合骨盤の関節を施術しています。その理由は施術の必要があるからです。
出産時や、それに伴い恥骨部分が痛くなることがあります、多くは自然に消失しますが、自己治癒しない場合は恥骨と骨盤の関節の動きの改善が必要です。そのほかに出産後は過度な動きも増えるために体に問題が起きやすいです。その場合も施術することで状態は改善されます。
元気な時はマッサージのお店や骨盤矯正のお店の施術をうけることは問題ありませんが、体に不調を感じる場合は当院へご相談ください。

関節の変形が起こす痛み

関節の変形は主に、くびの関節(頸椎)、腰の関節(腰椎)、股関節、膝関節で起こります。
症例は少ないですが、足首の関節でも起きます。

これらに共通する原因は体重がかかり、なおかつ動きが大きいことです。
体重があまりかからない関節や、あまり動かない関節の変形は少ないです。
変形の問題は加わる負荷の強さにとても影響されます。

傷んだ軟骨の破片は周囲の滑膜を刺激して痛みを誘発させます。滑膜は炎症をおこし傷み、修復されるという繰り返しで組織が変性します。そのうち軽度な負荷でも痛みが発生するようになります。

これに対する治療は関節にかかる負荷に耐えられる筋力の獲得と、関節の変性の治療になります。
変形したものは元に戻りませんが、変性は改善します。 つづく、、、

専門によって異なる痛みの原因

先日はカイロプラクターは骨のずれを直すことで体を治すと書きました。柔道整復師は体を安静に保ったり、筋肉をほぐしたりして回復を促します。資格によって治療方法が異なります。治療方法が異なると、原因への考察も変わってきます。

通常、患者さんの訴えている症状の原因を特定することから始めます。原因は外傷、内科的、心の問題などいろいろありすべての可能性を考えてみていきます。
しかしそれでも見方に偏りがでます。詳しいのは自分の専門分野です。ですから自分の専門、例えば骨に少しのズレがあってもおかしいと感じます。同じ人を内科のお医者さんが見て、何か内科的な異常があればそれが原因と考えるかもしれません。
レントゲン上では骨の間が狭くなっています。それが原因かもしれないし、単純にその周辺がかたいだけかもしれない。

このように専門性によって判断する材料が少し異なります。原因を特定できると施術効率と結果はよいです。しかしピンポイントの特定は難しいものです。状態の回復を参考になるべく多くの可能性も考えながら原因を絞って施術するように心がけていきます。
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード